bokeh-1866855_960_720

366:1/2:2009/02/24(火) 04:03:22 ID:0
私は書道をずっと習っていて、硬筆・毛筆共に先生の資格を持ってる。 
いっぽうトメは字が汚いらしい(見たこと無い)。 

トメの年賀状や、お礼状、挨拶の手紙は全て私が書いていた。 
年賀状なんかは枚数が多くて、「こんなにはちょっと…プリゴではダメですか?」 
と聞いても 
「手書き以外の年賀状は失礼!! アテクシは字がきれいで通っている 
(ここ10年ずっと私が年賀状書いてるから)。今更断るな!!」とキレる。 
いい加減うんざりした。 

以前は手紙を書くときは文面を渡され、この通りに書けといわれてたんだが、 
お礼状なんかの決まったものなどは、最近文面さえよこさず 
「失礼の無いような文面で出しとけ」みたいな感じ。 
書き上げたのを見せてもざっと確認して。 
「ポストに出しに行け」で終わり。 



367:2/2:2009/02/24(火) 04:05:37 ID:0
先日お歳暮をくれた人へお礼状を書くように、と言われたんだが、 
その文面を"うっかり"間違えてしまった。 

『拝啓 
歳末ご多忙の折から、ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 
(略) 
さて、毎年結構なお歳暮をご恵贈いただきまして大変感謝いたしております。 
安物ばかり送られはっきり言って迷惑なのでもういりません。
(略) 
まずは略儀ながら、書中をもちましてお礼申し上げます。 
敬具』 


トメに完成した文面を見せたら、ザツに…いえ、すばやく確認。 
続け字なのもあって、文の仕掛け…もとい間違いには気付かなかった。 
「これで本当に良いですか? なんならいくらでも書きなおします」 
と念のため聞いたけど「いいよ」と言ったので、 
その場で封をして出してきました。 

あて先はウトの上司に当たる人で、トメの親友の父上だそう。 
その人とは一度も会ってないのでどうなったのかは解りません。 
これからは間違えに"できるだけ"気をつけたいと思います。 かしこ。 



368:366:2009/02/24(火) 04:14:56 ID:0
今考えてみると、あて先の人って90歳越えらしいから 
文面本人が読むのかな? 
すごく元気だとは聞いてるけど。 
ま、いいや。 
今後も間違えにはできるだけ気をつけry 



371:名無しさん@HOME:2009/02/24(火) 21:49:21 ID:0
366がそそっかしいと言うのはよく分かった 



370:名無しさん@HOME:2009/02/24(火) 05:04:09 ID:0
>>366 
嫁子さん、間違えにはできるだけ気をつけry 


引用元:https://www.2ch.sc/