fairy-tale-world-1185228_960_720

789: 名無しさん@おーぷん 19/12/06(金)11:49:58 ID:nR.zh.L5
二年前の今頃、兄が「彼女のクリスマスプレゼントにアクセサリーを贈りたい。カタログもらってきたから一緒に選んでくれ」と頼んできた。
「彼女とカタログを見て彼女に選んでもらった方がいい」って言ってんのに「サプライズしたいから!」と聞かない。
仕方ないから一緒に見たけど兄のセンスがひどい。
ハートの錠に鍵がくっついてるネックレスとか、土星?に天使の羽がついてるのとか、月に女の子が座ってるデザインとか。
「ハートだの星だのはせいぜい高校生まで。彼女さんは二十代だし、普段使いできるシンプルなのが絶対いい。
どうせお金出すんなら相手に気に入ってもらえる物を贈れ」
再三言ったが兄は逆ギレして私にカタログを投げつけ、結局天使の羽つきのネックレスを買った。
彼女さんは喜んでくれたようで「ほれ見ろ!」と兄に自慢された。
しかしその後、彼女さんは一回しかそのネックレスを着けず、兄が「なんで着けないんだ!」と文句を言ったことから喧嘩になり別れた。

んで、今年兄に新彼女ができたらしい。でも私は一人暮らしを始めたからノータッチ。
今月に入って、兄から留守電が何度か入ってるが無視してる。カタログが~とかやかましいわ。
ていうかなんで彼女と一緒に選ばないのか。頑なにサプライズにこだわる神経がわからん



793: 名無しさん@おーぷん 19/12/06(金)12:44:16 ID:2i.an.L1
>>789
サプライズにこだわる人って自分の日常でセンスを褒められることがなくて
プレゼントの機会がまんまセンスのお披露目のレアなチャンスになっちゃってる気がする

あとこれに上乗せで「俺色に染まれ」な願望があったりすると
ペンが欲しいとか時計が欲しいとか物の種類をリクエストするだけでも不機嫌になったり
白系が好きとか青系が好きとかの色彩の話になると逆に否定や批判が始まったり

色だけでも相手の好みに合ってればなんとかなることも多いのに残念だなーと思う


引用元:https://www.2ch.sc/