candles-3652201_960_720

927: 名無しさん@おーぷん 2018/01/27(土)20:03:05 ID:???
冬休み中のある日、中学生の息子が、好きな子にかまって欲しくて、つい意地悪な事を言ったりしたりしてしまう男子をどう思うか尋ねてきた
すかさず妻が、最低ととても冷たい声で言って、空気が凍りついた

中学生の頃、クラスメートの一人から執拗に嫌がらせを受け、何度嫌だと訴えてもやめてくれなかった
好きだった、あの頃は幼くてそれをどう伝えたらいいか分からなかったって伝えられてますます許せなかった
好きだったって言えば何もかも許されると思ってるなら、性根が腐りきってると吐き捨てるように言った
その表情は、今までに見た事がない程怒りで歪んでいて恐ろしかった
息子は顔を引き攣らせて、そうだよねと言って落ち込んだ様子で部屋に帰っていった

そこからしばらく元気がなかった息子だったが、先日、少し浮ついた様子になっていた
話を聞くと、意中の子と付き合える事になったとの事だった
冬休み明けから急に関わらなくなってきた息子を、相手の子が心配して色々話を聞いているうちに、息子が相手の子が好きでちょっかいばかり出してしまってた
すごく嫌な気持ちにさせてたんじゃないかと思うと、どう接していいか分からなくなったと正直にこぼしてしまったらしい
すると、相手の子も息子が好きだったらしく、ちょっかいといっても軽いもので、いつものお決まりのやり取りになってたんだから今更何をって感じで仲直り
正式にお付き合いしようということになったらしい
それに妻が激昴
逆らえばまた嫌がらせを受けるかもしれないと怖いから、お前に話を合わせただけだ
お前が存在しているだけで相手の子を苦しめているとなぜ分からない
お前はクズだ、嫌がらせをした相手をこれ以上苦しめるのかと息子を罵倒
どうにか息子を避難させたが、妻の怒りは収まらず、お前もアイツの味方をするのかと罵倒され、実家に帰ってしまった

息子に聞いたところ、本当にちょっかいは軽いもので、もーwやめてよーwwwって感じのやり取りだったらしい
妻の過去の嫌な思い出も理解できるが、妻の場合と息子の場合とでは状況が違う
けど、妻の中では中学時代の憎い相手も、息子も、好意を免罪符に相手に嫌がらせをする同じ様な下衆野郎という認識なんだろう
息子は酷く落ち込んで不安定になっているし、妻は連絡しても全く返事をよこさないし、なんか疲れた



937: 名無しさん@おーぷん 2018/01/29(月)16:45:35 ID:???
>>927
奥さんのトラウマを刺激しちゃったのかな。
板挟みはしんどいよね。
お疲れ様。

取り敢えず、息子さんの彼女についての話題は家庭内では禁止にして、奥さんの出方を待ってみてはどうだろう。
何か奥さんが過去の話を語り出したら、ツッコミ入れずにひたすら耳を傾けるといいかもしれない。



988: 名無しさん@おーぷん 2018/02/05(月)13:24:12 ID:???
>>927で、息子が妻のトラウマを思い出させてしまい、妻が実家に帰ってしまったと書いた者です
あの後、妻のご両親に事情を説明したところ、妻にカウンセリングを受けさせる事になった
当時、妻の訴えを、好きな子に素直になれない男の子がちょっとちょっかい出してるだけだと思い、酷い目に遭うまで対策を講じなかった自分達に今回の原因がある
妻が落ち着くまでは、こちらで全面的に妻の面倒を見るとの言葉をご両親からいただいた
自分は息子のケアに注力するよう言われ、自宅に戻ったが、息子は彼女と連絡を取り、色々と話し合った結果、すんなりと立ち直っているようだった
息子と詳しく話をしたが、息子の出していたちょっかいというものは、同じ部活で彼女が男子にも匹敵するほど成績が良いのを、
素直にすごいと褒めるのが照れくさくて、そんな記録出せるなんて半分男なんじゃねーのみたいにからかった
あと、長めの髪をバッサリとショートにした時に長い方が好きだったのにと言えなくて、似合わねーと悪態をついてしまったとのこと
その度に、そんな酷いことしか言えない自分にイラついたし、彼女に嫌な思いをさせた事に悩んだらしい
それで、女性である妻の意見を聞こうとして、今回の騒動に至ったとのことだった
あと、妻が昔されていた嫌がらせの内容を少しだけ話したんだが、
自分が言える立場じゃないかもしれないけど、好きな子にそんな事をするなんて普通じゃない、人としておかしいと思う
そんな目に遭ってたんだったら、自分に対してあんなにブチ切れたのも仕方ないと、納得しているようだった
妻が落ち着くまでは、必要以上に接触するのも避ける
もし色々カウンセリングを受けた結果、それでも自分が憎い相手とかぶって見えるなら、悲しいけど仕方ないと言っていて、
息子の方が、妻の豹変にうろたえて疲れたなんて言っている自分よりよほどしっかりしていると感じた
ちょっと、自分の出る幕がなさすぎて不甲斐なさを感じてしまう
あと、妻が受けていた嫌がらせだが、詳細を書くと個人が特定されかねないので控えるが、嫌がらせなんて生易しいものではなかった
男の同級生からいじめを受けて、男性不信なところがある程度にしか自分には話してくれていなかった
自分と交際して結婚して、子供まで産んでくれたから、妻の嫌な思い出は払拭されたのだと思い込んでいた
そういう部分も不甲斐ないなと思う


引用元:https://www.2ch.sc/