feather-396610_960_720

301: 1/2 2017/07/15(土)14:26:53 ID:xor
東北の大震災のとき、会社の対策室に24時間待機命令が出て、私だけが唯一の女性としてその中にいた
食事で備蓄のカップ麺を出したら、50代半ば以上の男性のほとんどが作れなくて戸惑ってて驚いたよ
「これは先にお湯を入れて、ツユは油が固まっているからフタにのせて温めて・・・」ってやったら
全員おお~って感動してて笑ったw
【私「カップ麺はこうやって作るんですよ」超高学歴のおっさん達「おおお~!」】の続きを読む

fantasy-1674946_960_720

76: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/24(木) 15:38:30.71 ID:wWO68nov
友人の弟が盗癖持ちらしい 
はじめてのバイト代やらなにやらを色々盗まれたという話に同情してた 

先日その子の家にお邪魔した 
クッキー作ったんだよ、と言って案内されると、そこは弟との共同部屋で(弟は不在) 
部屋を仕切っている棚が共有部分になっており、友人はその上でクッキーを冷ましていた

それを見るなり友人が、「クッキー減ってる、やっぱりね!」と勝ち誇った顔で言った 
聞けば友人はあらかじめ数をかぞえていて、弟を試していたそう 
【友人「弟が盗癖持ちでバイト代とか盗まれる」私「大変だね…」→ある日、友人の家に行くと・・・】の続きを読む

nursing-3430180_960_720

284: 恋人は名無しさん 2017/10/02(月) 13:51:04.95 ID:ZpF9bpMW0
韓国人と付き合ってるけど、お互いの国の言葉がわからないので普段は英語でやり取りしてる。 
相手が少しずつだけど覚えた日本語を積極的に使ってくれて、伝わったり伝わらなかったりするのが楽しかった。 

まだ付き合って間もない時のデートで道を歩いてたら前から柴犬を連れた人が歩いてきて、 
それをみた恋人が「シバ!!」って嬉しそうに言ったのを見てウッってなった。
【韓国人の彼氏が柴犬を見て「シバ!」と言った。韓国語での意味が分かって悲しくなった。】の続きを読む

ghosts-2186959_960_720

97: 名無しさん@おーぷん 2018/09/04(火)14:30:35 ID:b2i
大分前の話

当時付き合ってた彼女に言い寄る男がいた
俺の前だろうが関係無しに彼女を口説こうとしたり、時には俺に「お前は彼女に相応しくない!」とか言ってきたりした
彼女は「相手にしてないから」って言ってたから信用してたんだが、ある時そんな彼女から「ほだされて一線越えてしまった。彼のことが好きになってしまった」と言われた
【アジア某国の片田舎で。ふいに名前を呼ばれ振り返ると、薄汚れた男と元カノの姿。俺「なぜここに!?」→すると・・・】の続きを読む

church-1253715_960_720

61: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)20:51:46 ID:Mjk
24の時に同い年の女と一度目の結婚。
2年経っても嫁が妊娠しなくて、ふたりで病院に行ったら俺に原因があった。
高度不妊治療を受けるか否かで話し合ったが、医者が言うにはそれでも難しいらしい。
嫁は「子供は授かりもの。無いものねだりに時間とお金を掛けるより
ふたりで生きて行けばいいじゃない」って言ってくれて涙が出るほど感動した。
【種無しの俺を捨てた前妻から連絡がきた。俺「前妻が俺に話があるらしい」今嫁「私も一緒に行くわ」→結果・・・】の続きを読む

bora-bora-680044_960_720

771: 名無しさん@HOME 2010/02/14(日) 22:13:08 0
若干スレチですが。 
つい最近実話系漫画で漫画家が友達の家のやってる 
温泉旅館に卒業旅行で泊まりに行ったら、皆で入浴中 
そこの父親が突撃してきて風呂の湯まで飲んで女子高生との 
混浴を楽しんだという体験談を書いていたのだが、 
私もよく似た被害に遭ったことがある。
【高校の頃、4~5人の友人がお泊りにきた。祖父「うちの広い風呂を使いなさい」私「はーい」→皆で入っていると・・・】の続きを読む

vintage-1653130_960_720

121: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)07:58:28 ID:SBs
独身男の話を書かせてもらう。
昨日、映画を観に行ったんだ。ちょいと早く着きすぎて上映の30分前に券売機で発券したら、小さな男の子が「マァーー!!」と泣きながらヨチヨチ駆けていたのさ。
俺はその子の側に寄って「お母さんは?」等と声をかけたが泣いて答えず。周りに親らしき人もいない。
【迷子「えーん」俺「お母さんは?」迷子「えーんえーん」→誘拐犯扱いも覚悟の上で、その子を抱き上げると・・・】の続きを読む

このページのトップヘ