このエントリーをはてなブックマークに追加
fire-2915539_960_720

515: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/09(火) 08:37:06.31 ID:ooo/0EHW
婚約中の彼氏の母親が生理的に受け付けません。 
結婚後は両親と縁を切ってほしいと伝えたら、婚約破棄されそうです。 
どうにか親と絶縁してもらって彼氏と結婚したいです。 
無理なら婚約破棄の慰謝料が欲しいのですが、彼氏は慰謝料を支払うつもりはないそうです。

彼氏に絶縁してもらうよう、うまく説得する方法はありますか? 
また、この様な場合、慰謝料は支払ってもらえますか?
【私「あなたのお母さんって若作りしてるね」彼「だよねーw」私「結婚後は絶縁して欲しい」彼「は?婚約は破棄する」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
forest-1097403_960_720

913: 名無しさん@おーぷん 2018/01/24(水)14:06:05 ID:fgz
私が専業主婦になった理由が
夫の家事能力があまりにも低いため
というものだった
能力が低いと言っても下手方面で低いのではなく

アイロンかけさせると火事を起こしそうになるし
料理しながら洗剤使うから洗剤が交じるし
ガスコンロ使うと周りのものを燃やすし溶かすし
換気扇止めるの忘れて掃除を素手でやろうとして指落としかけるし
二階の窓の掃除をしようとして運動神経悪すぎてバランス取れずに落ちそうになるし
灯油の入れ替えで何度も灯油ぶちまけるし
【夫の後輩が、専業主婦の私を見ながら「俺は結婚してもちゃんと自立した女の人を選びます」と言い放った。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sunset-288531_960_720

725: 名無しさん@おーぷん 2018/06/23(土)10:44:16 ID:ETh
義兄夫婦が離婚するそうだ。原因は性格の不一致らしい。
詳しい事情は知らないが、どちらかが一方的に有責というわけではないらしい。
義兄夫婦には子供が二人いる。中二の女の子と小五の男の子。
そして義兄も義兄嫁も、「息子は引き取るが娘はいらん」と言っているそうだ。
【離婚する義兄夫婦のどちらもが「息子(小5)は欲しいが娘(中2)はいらん」と揉めてて、義兄娘がショックを受けてる。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tree-736885_960_720

32: 名無しさん@おーぷん 2018/03/08(木)10:37:11 ID:CNX
両親を亡くした甥から「自分を引き取って欲しい。」と連絡が来たんだけどwwwwww
引き取ってってwwwwww甥って言ってもあんた今年28だろwww
私と3つしか変わんないのに何言ってんだwwwwww
頼みの綱だった両親がいなくなったんだから自分でなんとかしろwwwwww
こっち頼ってくんなバーローwwwwww
【28歳の甥から「両親が亡くなったから自分を引き取って欲しい」と連絡があった。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
forest-371223_960_720

156: 名無しさん@おーぷん 2018/01/13(土)08:05:11 ID:GSS
搾取子の旦那、義両親に自分の給料全てを吸い取られる事を嫌がり無断で退職。
「これからは嫁ちゃんが大黒柱だよ!え?再就職?また親父達に取られるのは嫌だからちょっと無理かな!」とほざく。
言いたい事は山の様にあるが、ならば専業主夫として家の事やれと1年間様子を見たがほぼ毎日「今日は頭痛が」「今日はお腹の調子が」「今日は腰が」と言い訳のオンパレード。
【勝手に退職した旦那「これからは嫁ちゃんが大黒柱だよ!」→1年後、私「家事全然ダメじゃん。離婚な」→すると・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
architecture-3286401_960_720

972: 名無しさん@HOME 2018/03/26(月) 19:43:26.96 0
親戚がかなり有名なサツ人事件の犯人。 
親族の間では存在しなかったことになってる。 
【【悪夢】親戚がかなり有名なサツ人事件の犯人なんだが、そのせいで・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bird-2428600_960_720

264: 名無しさん@おーぷん 2017/10/04(水)06:26:55 ID:2u8
勝手口から出てションベンしてたら、何故かこんな時間に兄嫁が起きて庭の見える所にいて
すんごい顔して睨まれた・・・せっっかく楽しくほろ酔いだったのに一気にテンション下がったわ
【庭で小便してたら、兄嫁にすんごい顔して睨まれた。俺を誰だと思ってるんだ?】の続きを読む

このページのトップヘ